ホームページ

Recent Trackbacks

« ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー二人の写真家 横浜美術館 | Main | ロベール・ドアノー(ROBERT DOISNEAU) ジャン=クロード・ゴートラン著 »

2013.01.27

足首のサポーター PRO 610 アリゾナ アンクル ブレイス

 左足を骨折したときに足首の保護に使っていたサポーター、PRO 610 アリゾナ アンクル ブレイス。当時も同じ名前だったか忘れましたが…
 先週末にアキレス腱のあたりを痛めてしまって、最近これを使っています。いつもは病院でもらった簡単なベルトタイプのもの使うことが多かったのですが、こちらは意外とかさばって靴の中で違和感があります。
 これに大してPROの方は、がっちり固定する割には薄くて、それほど靴がきつくなることはありません。
 両足につけるために二つ持っていましたが、片方が縫い目が裂けて壊れてしまい、もう片方も年数が経過しているため、1つ購入することにしました。
 また、登山などで足首が痛くなってしまったときのためにも、持っておきたかったのです。
 私の靴のサイズは26cm。持っていたサポーターはSサイズとMなのかラベルにはSMと書いてあるもの。
 Sサイズは少しきついというかピッタリな感じで、壊れたのもそのせいかもしれません。
 今回購入したのはMサイズ。(くつサイズ / 27~28cm対応 / 男性、28~29cm対応 / 女性)
 Sサイズは、(くつサイズ / 25~26cm対応 / 男性、25~27cm対応 / 女性)と、どちらを選んでいいのかちょっと微妙です。
 そういうときは小さい方を…という記述もありましたが、手持ちのサイズの具合といつも厚めの靴下をはいているので、Mサイズを選びました。

 届いたものを見てみると、紐の下の部分がネオプレーンからメッシュ素材に変わっているなど、いくつか改良が見られました。旧製品はひもが短く一番上まで締められませんでしたが、新しいものは十分な長さがあります。
 左右から締め上げるベルトはちょっと長くてベルクロのカギの方が余ってしまい、Sでもよかったのかなとも思いますが特に大き過ぎる感じはありません。
 しばらく使ってみて問題なければもう1つ購入しようかと思います。

 以下、二枚とも左が今回購入したもの。右が旧型です。

カメラロール-7681

カメラロール-7683

 こちらは装着が簡単でいいのですが、意外とかさばって靴がきついのです。
アウトドア-51


MサイズとSサイズです。

« ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー二人の写真家 横浜美術館 | Main | ロベール・ドアノー(ROBERT DOISNEAU) ジャン=クロード・ゴートラン著 »

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 足首のサポーター PRO 610 アリゾナ アンクル ブレイス:

« ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー二人の写真家 横浜美術館 | Main | ロベール・ドアノー(ROBERT DOISNEAU) ジャン=クロード・ゴートラン著 »

March 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Books

無料ブログはココログ