ホームページ

Recent Trackbacks

« 2013/1/12 塔ノ岳(丹沢表尾根)登山 | Main | ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー二人の写真家 横浜美術館 »

2013.01.14

B&M (Busch&Muller) IXON IQ 自転車用バッテリーライト

 自転車のライトはほとんどハブダイナモのライトを使っているのですが、特殊なハブのMTBにはハブダイナモを装着することができず、なにか明るいバッテリーライトはないかと探していました。
 台湾のDOSUNというメーカーのライトが明るくて人気らしく、それに対抗してか暗いと思っていたCATEYEもHL-EL540という明るいモデルが出ていました。
 どちらにしようかと考えていましたが、ボディやマウントなど気になるところもあり、ドイツ製品はどうだろうと思って探してみた結果、B&M (Busch&Muller)のIXON IQという製品を購入することにしました。
 購入したのはホワイトの限定らくし電池と充電器(ACアダプター)がセットになっていました。充電は本体にACアダプターを差して行います。単三電池四本なので他の充電器を使えば旅のときなど2セット同時に充電できますし、単三電池はGPSなどにも使うので便利だと思います。
 ちなみに海外通販で購入しましたが、電源の変換プラグ(C→A)を別に買いました。

カメラロール-7230

カメラロール-7233

カメラロール-7232

 おそらくHL-EL540やDOSUNの同クラスのモデルほど明るくないとは思いますが、40LuxなのでBromptonにつけているLUMOTEC IQ Cyo R(リフレクターモデル)と同じ。ボトル型のダイナモを使っているブロンプトンではもうちょっと明るいといいと思うものの、街灯の無い暗闇でもある程度視界が効くのでいいかなと思いました。

 ベランダから下を照らしてみました20mくらいでしょうか…かなり明るい印象です。
カメラロール-7259

 以前にダイナモライトの明るさを確認した河川敷で確認してみました。
 左から CityEco HighPower 比較のsupernova E3 Tripleです。

カメラロール-7444

 CityEcoは10Lux 照射時間20時間、HighPowerは40Lux 5時間です。

 すべての写真はFlickr

【後述】2013.2.10
 MTBで出かけて夜になったので使ってみました。
 やっぱり街灯が少ない道路ではCityEcoだと暗いです。一日の使用でバッテリーを使い切る覚悟で常時、HighPowerで使う方がいいかも知れません。走行中の切り替えも危険ですし…

« 2013/1/12 塔ノ岳(丹沢表尾根)登山 | Main | ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー二人の写真家 横浜美術館 »

自転車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55339/56539414

Listed below are links to weblogs that reference B&M (Busch&Muller) IXON IQ 自転車用バッテリーライト:

« 2013/1/12 塔ノ岳(丹沢表尾根)登山 | Main | ロバート・キャパ/ゲルダ・タロー二人の写真家 横浜美術館 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Books

無料ブログはココログ