ホームページ

Recent Trackbacks

« Happy New Year!! | Main | ハブダイナモでエネループを充電してみました。 »

2011.01.15

ソーラーウォッチの電池寿命は何年?(その後)

 3年近く前に書いたこの記事「ソーラーウォッチの電池寿命は何年?」のその後の状況です。(この記事、ずっと書きかけで放置していたのに気がつきました。修理は昨年6月のことです。)

 2003年7月31日に発売のPROTREKのPRG-60LJ。(おそらく発売後すぐに購入したと思います。)
 2009年6月のアリゾナツーリングでのテントの中で、バックライトがすぐに消えてしまうことに気がつきました。
 ちなみにこのときは、ナビホーク(PMV65-2242)を持っていったので、不自由はありませんでした。
 その後、気圧、高度も計れなくなって修理に出しました。(2010/6)
 修理は二次電池の交換だけかと思ったのですが、あわせて、防水検査でセンターアッシー(外装)も交換されていました。(修理代はなんと\3,150。モデルや状況にもよると思います。)
 経年劣化に加えて、以前は温泉などでもかまわず着けたまま入っていたので、かなり劣化があったのかもしれません。
 これまで壊れなかったのが不思議なくらいかも・・・
 これからは大切に扱おうと思います。

Img_0434

 もうひとつのソーラーウォッチ、G-SHOCKのRAYSMAN(DW-9300)。(1998年3月27日発売。こちらも発売後すぐに購入したと思います。)
 こちらはまったく問題なく動いています。(デジタルなので、表示か・・・)
 PROTREK PRG-60LJはアナログ・デジタルモデルなのに対して、RAYSMANはデジタル。この差は大きいと思います。アナログは電池の消耗にかかわらず、オーバーホール(注油?)が必要かと思います。
 また、RAYSMANはPROTREK購入後、部屋に置いてあるだけなのに対して、PROTREKは前述のような扱いをしていたので、その違いもあるのかもしれません。

 ということで、私のソーラーウォッチ(二次電池)の寿命は、短くて5年ちょっと(アナログ&デジタル)。長くて12年以上(デジタル)?
 最近のモデルは電池や時計自体も改良されているでしょうから、もっといけるのかもしれません。
 ナビホークは10年くらいもってほしいな・・・

« Happy New Year!! | Main | ハブダイナモでエネループを充電してみました。 »

アウトドア」カテゴリの記事

時計」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55339/48579752

Listed below are links to weblogs that reference ソーラーウォッチの電池寿命は何年?(その後):

« Happy New Year!! | Main | ハブダイナモでエネループを充電してみました。 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Books

無料ブログはココログ