ホームページ

Recent Trackbacks

« 20インチのマウンテンバイクは無理がある? | Main | ポケットラマってどこまで走れる? »

2009.04.05

ポケットラマ ナイトライド準備完了

 バイクフライデー・ポケットラマにダイナモとヘッドライト、テールライトをつけました。
 最初はハブダイナモをつけようかと思ったのですが、現物を持ってみて、その重さと回転の負荷が気になってしまい、通常のホイールにローラーを当てて発電するものにしました。
 夜に走ることはめったに無く、暗くなったときのために、バッテリー式のライトを持って出かけているのですが、旅先で電池が切れたときのことやエコを考えて、ダイナモを装着することにしたのです。

 ダイナモは、ドイツのBush & Muller(ブッシュ・アンド・ミューラー)社のDYMOTEC 6です。
 DYMOTEC S12という12Vでローラーの回転がものすごく軽い製品もあるのですが、約5万円もするので手が出ませんでした。
 以前は、S6という6Vの製品もあったそうですが、生産中止になったとのこと。
 今回購入したのは、7,140円です。
 左側につけようと思って、L-Typeを購入したのですが、うまくつけるスペースが無く、向きを逆にして右側につけました。
 右側はチェーンに干渉すると思って左側にしたのですが、変速のときに前後のギアの組み合わせによって、チェーンが台座(アダプター)にかすかに触れる程度で問題なさそうです。
 今後も台座を加工するなどして、左側につけられないか、試してみようと思います。
【後述】(4/19)
 フロントの外側のギアとリアの大きい方のギアという、ほとんど使わない組み合わせでチェーンが干渉することがわかりました。
 とりあえず、素直にフロントにつけることにしました。
 なんとなくフロントにはつけたくなかったのですが、実際つけてみてもかっこ悪いです。

 ヘッドライトは、Bush & Muller Lumotec IQ LED Cyo Senso Plus という製品。
 17,850円と高いですが、かなり明るいようです。部屋で車輪を手で回しただけでも、白く明るい光を放っていました。
 スタンドライト機能(蓄電して停車中にも発光する機能)があるので、停車時にも安心です。
 テールライトもBush & Muller。SECULITE plusという製品。
 これにもスタンドライト機能があります。
 ドロヨケに装着するタイプですが、リアキャリアに取り付けました。
 ちょっと、ナイトライドが楽しみです。

R0013869

R0013870

R0013873

 これらの製品はCYCLETECH-IKD(サイクルテック・アイ・ケー・ディー)さんで購入しました。
 遠かった。通販の送料の方がぜったい安いほど交通費もかかりましたが、一度行ってみたかったのと、話を聞いてみたかったので、行ってよかったと思います。

« 20インチのマウンテンバイクは無理がある? | Main | ポケットラマってどこまで走れる? »

自転車」カテゴリの記事

BIKEFRIDAY」カテゴリの記事

Comments

otakeさんコメントありがとうございます。
nonoです。
実は仕事が忙しくて、まだ、実際の走行は体験していないのです。
楽しみにしています。

こんばんは。
同じものを取り付けています。
すごく明るくて、夜に走るのが楽しくなりました

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ポケットラマ ナイトライド準備完了:

« 20インチのマウンテンバイクは無理がある? | Main | ポケットラマってどこまで走れる? »

January 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Books

無料ブログはココログ