ホームページ

Recent Trackbacks

« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

2006.10.22

伊豆下田 下加茂温泉 ペンション アルミック南伊豆

 友人がオーナーをやっている伊豆下田のペンションに行ってきました。
 今回は少し趣きを変えて、このペンションの紹介をします。

 以前から、行きたいと思っていたのですが、休日は迷惑になりそうだし、話もできそうになかったので、月曜日に休みをとって、日曜日から一泊しました。
 今回は、両親を連れて3人の旅行でしたが、若年層だけでなく、熟年夫婦にも楽しめるペンションでした。

 東京から下田へは、スーパービュー踊り子号が便利です。今回は新宿から乗りました。

Rimg0606 Rimg0608 Rimg0609 Rimg0610 Rimg0612 Rimg0613 Rimg0619 Rimg0620 Rimg0621

 スーパービュー踊り子号はJRから伊豆急に乗り入れている車両ですが、伊豆急の車両もいくつかあり、こんどは、上の写真の黒船電車に乗ってみたいと思いました。

 まずは観光。石廊崎までバスで行き、バス停の食堂で昼食をとりました。
 ペンションは弓ヶ浜のほうにあるので、後から思えば、下田から石廊崎までは船で行けばよかったと思いました。
 バス停から石廊崎まではけっこうな上り坂で、両親にはちょっときつかったようです。
 石廊崎灯台の先は断崖の岬といった感じで、遊歩道があるのですが、ちょっと怖いかも・・・
 そして、なんと、そんな岩壁に神社(石室神社)があります。

Rimg0628 Rimg0630 Rimg0641 Rimg0637 Rimg0645 Rimg0646

 灯台の付近に、ジャングルパークという施設がありまが、現在は閉園されています。
 施設はそのまま放置されているようで、大きな温室のなかでは、熱帯植物が茂っていました。

Rimg0647 Rimg0651 Rimg0653

 下田方面に歩いて、途中で友人に車で迎えに来てもらいました。
 ペンション、アルミック南伊豆は下加茂温泉という温泉地にあります。

Rimg0697 Rimg0662 Rimg0706 Rimg0667 Rimg0666

 この下加茂温泉には、2月中旬から3月初旬にかけて河津桜が咲くそうです。
 土手沿いに咲く桜と同じく、このころに咲く菜の花とのコントラストがとても素敵だそうです。

 ペンションは前のオーナーが建てたもので、とてもモダン(死語?)な感じです。

Rimg0675 Rimg0686 Rimg0687 Rimg0670

Rimg0681 Rimg0685

 風呂は露天風呂もあり、かけ流しの温泉です。
 見晴らしもよく、両親もかなり長い時間入っていて、とても満足していました。

Rimg0693 Rimg0691

 料理は基本的にイタリアン。伊豆なので、刺身の盛り合わせもありました。
 いずれも、とってもおいしかったです。
 写真は一例なので、詳しくは問い合わせてみてください。下に連絡先を記してあります。

Rimg0711 Rimg0713 Rimg0714 Rimg0717 Rimg0718 Rimg0720 Rimg0721

Rimg0722 Rimg0724

Rimg0761

 ミニチュアダックスフンドのチョビです。いい顔してます。

Rimg0753

 「じゃらん」から、空き室検索・予約ができます。
 まずは以下まで問い合わせてみてください。

[連絡先]
〒415-0303
 静岡県加茂郡南伊豆町
 下加茂湯之元720-275
 ペンション アルミック南伊豆
TEL:0558-62-3876

都立東大和公園~多摩湖

 いつも多摩湖周辺を自転車で走るときは西側を走ってしまうので、東側を走ってみようと思い、いつもより東よりを走っていたら、都立東大和公園という丘陵地公園を見つけた。
Rimg1202 Rimg1203 Rimg1204 Rimg1213 Rimg1206 Rimg1207
 円乗院、狭山神社を通って、北側から入ったのだが、円乗院のわきからも入れるのだった。
Rimg1208 Rimg1209 Rimg1210
 木々が多く、かなりうっそうとした感じだが、自然そのままといった感じ。
 一応、子供が遊べるようにすべり台などもある。
 しかし、日曜日というのに、だれもいなかった。やっぱりちょっと暗いからか・・・
Rimg1212 Rimg1216
 多摩湖の取水塔付近は工事中でちょっと残念。
Rimg1217 Rimg1221 Rimg1223 Rimg1226 Rimg1228
 サイクリングロード(多摩湖自転車道)は、小平方面につながっているが、湖の東側の狭山公園を走ってから、東大和方面に向かって帰宅した。
Rimg1226_1

2006.10.09

さようなら国立駅舎(東京都国立市)

 ついに国立の駅舎が解体される日がやってきた。
 10月8日は、閉鎖される日。
 仕事があったので、昼間に行くことができず、夜に行ってみた。
 JRの代行バスや見学者の整理のためか、やたらと警備員が多い。
 やっぱり最後とあって、人がたくさん集まっていて、みんなデジカメや携帯電話のカメラで撮影している。
 本格的に三脚、一眼レフで撮影している人もけっこういた。
Rimg1081 Rimg1082 Rimg1088 Rimg1089 Rimg1097
 国立市からのお知らせには、「5年後に復元することを目指し、解体します。」とある。
 何人かの人たちが、ふるさとを歌い始めて、合唱になった。最後には「ありがとう、国立駅!」との声が。
Rimg1098 Rimg1100
 しばらくすると、駅舎の中に入ることができた。やっぱり半円の窓が印象的。
Rimg1105 Rimg1112 Rimg1114

Rimg1148 Rimg1149 Rimg1150

 翌日、解体が始まっているかと思って見に行ってみたが、改札部分がフェンスで覆われているだけだった。
 そして、となりには味気ない仮駅舎がオープンしていた。
Rimg1156 Rimg1157 Rimg1159 Rimg1162 Rimg1169 Rimg1177 Rimg1181 Rimg1183 Rimg1189
 まっすぐのびる大学通りの先にある三角屋根の駅舎も、もう無くなってしまう。
 後ろにそびえ立つマンション群を含めて、町の景観もかなりかわってしまう。
 それでも、立川の変わりように比べれば、国立らしさを維持しているかなとも思うのだが・・・
 とりあえず、新駅舎と5年後の復元に期待したい。
Rimg1178

2006.10.01

骨折日記 最終回?

Rimg1052 Rimg1054
 一ヶ月ぶりの診察。レントゲンを見ると、骨折箇所はわかるが、もうしっかりくっついているようだ。
 ずれてついていることに、最初はかなり不安だったが、今ではあまり気にならなくなった。ずれた箇所が神経に触れないか心配でもあったが、問題ないようだ。

 ついでに、以前足を骨折した箇所も撮ってもらった。抜釘してから約半年なので、様子をみるにはちょうどいい時期だった。
 まだボルトの穴がうっすらと見えるが、この分だと、あと半年くらいで完全に塞がるような気がする。
 足首の関節はやはり変形しているらしい。(あまりはっきりとは言われなかったが)手術前に、後遺症が残ると言われていたので、覚悟はしていたが・・・
 そんな話を聞いたら、足首が痛くなってきた。気休めにコンドロイチンとグルコミサンは飲み続けよう。
Rimg1055 Rimg1058

« September 2006 | Main | November 2006 »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Books

無料ブログはココログ