ホームページ

Recent Trackbacks

« BROMPTONにシマノインター8を装着 | Main | リハビリ »

2006.06.24

また骨折(手の親指の根元)

 やっと足の骨折が治ったと思ったところ、また骨折してしまった。
 今度は左手親指の根元。完全にポッキリといってしまった。
 自転車で公園のコンクリートの上に砂が敷いてある、いかにも滑りやすいところをブレーキをかけたままハンドルを切ってしまい、当然のようにフロントから地面に叩きつけられた。
 その際、手の甲、親指の根元の辺りをぶつけてしまった。
 激しい痛みと、指の方向がおかしかったので、すぐに折れたと推測できた。
 オフロードバイクでも何度か転倒したことはあるが、マウンテンバイクでこのように転倒するのは初めてだったのと、手をつくときに、怪我をしたくないと思って、どうついたらいいか考えてしまったこと、意外と地面に叩きつけられるまでの時間(距離)が短かったことが、変な手のつき方をしてしまった原因だと思う。

[手術]
 手術は怪我から6日目。局所麻酔の日帰り手術だったが、今まで二回とも全身麻酔だったので、局所麻酔の手術がこんなにもつらいものだとは思わなかった。
 麻酔はわきの下から入れる。
 チクッとした後、グイグイ薬が入ってくる感じで、重い圧迫感のような痛みがある。
 指先がピリッとしたら教えてくださいと言われたので、その感覚を待っていたが、なかなかこない。
 しばらくして、やっと来たその感覚は、確かにビリッとなのだが、かなり衝撃的なものだった。
 その後、ずれた骨を元に戻そうとするのだが、麻酔がまだ効いてなくて、ものすごく痛い。
 それから、患部にも直接麻酔を打たれる。チクッとした痛みだが、これもかなり痛い。
 手術はレントゲンのような映像を見ながら行われていた。
 ワイヤーを入れる手術で、ウィーンウィーンと、小さなドリルのような音がするが衝撃は無い。
 手を押さえたり、引っ張られたりしている感覚はあるが、痛みは無い。不思議な感じだった。
 ただ、いつ痛みが戻ってくるのかという不安が大きく、とても疲れてしまった。
 手術後、腕に感覚が無くダランと下に落ちてしまい、何度か手をぶつけてしまいそうになった。

[手術後]
 ワイヤーというのは、皮膚を切開して、細いワイヤーで骨折した骨をくくりつけるのかと思ったら、切開しないで、二本の太い針金を皮膚から骨に通して固定するものだった。
 そして、なんと針金は皮膚から出ているのだ。
 また、手術後の写真を見ると、骨折した箇所がずれて固定されている。
 許容範囲で問題無いと言われたが、正直、この先不安だし、憂鬱な気分だ。
 確かに、親指の根元で間接付近のため、難しいとは思うが・・・

Rimg0855a Rimg0855b
Rimg0865a Rimg0865b


« BROMPTONにシマノインター8を装着 | Main | リハビリ »

骨折日記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55339/10665378

Listed below are links to weblogs that reference また骨折(手の親指の根元):

« BROMPTONにシマノインター8を装着 | Main | リハビリ »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Books

無料ブログはココログ