ホームページ

Recent Trackbacks

« BROMPTON(ブロンプトン)・ペダル交換 | Main | BROMPTON(ブロンプトン)・サドル交換(その2) »

2006.05.01

BROMPTON(ブロンプトン)への不安と期待

 折りたたみ自転車を購入するにあたって、走破性、携帯性という相容れない要素を検討して、結局は携帯性を重視してブロンプトンを購入。
 気になっていたフレームやハンドルの折りたたみ箇所の強度はけっこうあるらしいことがわかった。(店の人に聞いただけだが・・・)
 また、意外とよく走ることに驚いたのだが、そうすると、欲が出てきてしまう。ちょっとしたオフロードなら走れないだろうか?
 実際に、近所の小川の脇道や公園を走ってみると、ある程度なら楽しめそう。さすがに小径タイヤのため、大きなギャップにはもろにハンドルをとられるが・・・
Rimg0442 それで、最近気になるのがリアのピポッド部(リア三角の稼働支点)。
 かなり心細いサイズのボルトで固定されている。この奥にシャフトが通っているらしいのだが、どの程度の強度があるのか?
 また、タイヤの選択の幅の少なさも気になる。リア、右側のフレームとタイヤのクリアランスが非常に少ないため、ノーマルフレームではカスタムの可能性は絶望的。
 なぜこうなっているのか?折りたたんでみると、ギリギリのところでコンパクトに作られていることがわかる。
 もう少し、折りたたみ時の幅が広くなってもいいから、幅の広いタイヤが履けるといいのに・・・

 そんなことを考えながら、Webを検索していると、海外でブロンプトンの情報が豊富なサイトを見つけた。http://www.foldabikes.com
 パーツやカスタム、メンテナンスの情報があるが、気になるのはTravel Stories
 ここには、ブロンプトンで世界を旅した記録がある。
 ダートやら砂漠やら、信じられないところを走っている。(砂漠を走れるとは思えないが)
 携帯性を重視して、ブロンプトンを購入したが、以外とすごい可能性を秘めた自転車なのかもしれない・・・

« BROMPTON(ブロンプトン)・ペダル交換 | Main | BROMPTON(ブロンプトン)・サドル交換(その2) »

BROMPTON」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55339/9837958

Listed below are links to weblogs that reference BROMPTON(ブロンプトン)への不安と期待:

« BROMPTON(ブロンプトン)・ペダル交換 | Main | BROMPTON(ブロンプトン)・サドル交換(その2) »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Books

無料ブログはココログ