ホームページ

Recent Trackbacks

« スライドショーにリンク機能を追加 | Main | 日原鍾乳洞(東京都) »

2005.05.28

東京の林道(日原林道 小川谷林道 倉沢林道)

 東京の林道として、日原鍾乳洞付近に何本かあるのは知っていたが、今まで行ったことがなかった。
 近そうで、ちょっと微妙な距離だったので、ついつい他の林道に行っていたのだった。
 また、オフロードバイクに乗り始めた頃の鋸山林道(現在は完全舗装化)のイメージがあり、走りにくい、恐いというイメージが強かったこともある。
 最近、近場の林道(ダート)が少なくなってきたこともあり、行ってみることにした。

<小川谷林道>
RIMG0251 RIMG0238 RIMG0239 RIMG0249
 小川谷林道は日原鍾乳洞の駐車場の奥に入り口がある。
 ダートが始まるとすぐに大きな岩の下を走る。(写真は帰り)
 道はフラットな砂利道、ちょっと荒れた砂利道、土の道とけっこう変化に富んでいる。荒れ具合はオフローダーとしては、適度に荒れているというべきかもしれないが、やや走りにくかった。
 また、今週は夕方に豪雨が何度かあったが、このためか大きな水溜りができている箇所がけっこうあり、避けることができずにBajaは泥化粧。
RIMG0242 RIMG0243 RIMG0244 RIMG0245 RIMG0246 RIMG0247 RIMG0248
 ガレてきたなぁと思いながら走っていたら、終点らしき広場についた。上の上段の写真は左から、案内図、進行方向、右(通行止め)、来た道。
 案内図を見ると林道が続くようだったので、まっすぐ行ってみると、がけ崩れのように砕けたような大きな石で盛り上がっていた。(下段の左)
 そのすぐ先は崩壊していた。歩いて先に進むと、歩ける程度の道が続いていた。林道は右の通行止めだったか。
 約6kmのダート。久々だったので、これで十分ごちそうさまという感じだったが、せっかくここまで来たので、もう一本行くことに。

<日原林道>
RIMG0315 RIMG0259 RIMG0260 RIMG0261
 鍾乳洞の手前の分岐で渓流釣場の方へ向かう。
 橋を渡るとダートが始まる。路面は最初は硬くしまった土。走りやすいが、ここもところどころ水溜りがあった。やがてフラットな砂利道、ちょっと荒れた砂利道と、ここもけっこう変化に富んでいる。
 荒れ具合は、小川谷林道と同じで道幅は若干狭いのだが、走り慣れてきたせいか、こちらのほうが走りやすかった。
 しばらくいくと、孫惣谷林道の入り口が閉鎖されていた。
 ちょっと長めの舗装された箇所があったが、ダートは十分あり、楽しめる。
RIMG0263 RIMG0264 RIMG0267
 終点はちょっと整備された広場。もうちょっと広くて自然なものをイメージしていたので、意外な感じだった。
 下を見下ろすと、かなり谷深い方に川が流れていた。
RIMG0270 RIMG0271 RIMG0272 RIMG0273
 勾配も緩やかなため、下りが苦手な僕でも走りやすく楽しめる。
 こんなところなら、もっと早く走っておくべきだった・・・

 小川谷林道だったか、日原林道だったか、ダンプとすれ違った。採石場近くの広いダートならよくあることだが、こんな林道でダンプを見るのは初めて。思わず「えーっ」と声を上げてしまった。
 ハイカーがけっこう多いので、注意とマナーが必要。

<倉沢林道>
 林道を十分楽しんだので、日原鍾乳洞を見て、帰ろうと来た道を戻っていたが、倉沢林道への分岐を見つけてしまい、そのまま入ってしまった。
RIMG0329 RIMG0316 RIMG0317 RIMG0319
 林道の分岐はトンネルに入る前にある。(左の写真)奥多摩から走ってきて、左が日原、右が倉沢林道。
 路面はけっこう荒れていて走りにくい。日が落ちてきたこともあるが、木が茂っていて薄暗い箇所も多い。
 しばらく走るとちょっと勾配がきつくなり、ガレてくる。17:00近くだったので引き返そうかとも思ったが、せっかくなので、もうちょっと、という感じで走ってみる。
RIMG0322 RIMG0323 RIMG0324
 ちょっとした広場の右に橋があり、その先が崖崩れなのか土が盛られていて、行き止まりになっていた。
 木でよく見えないのが残念だが、近くに滝が見える。日が落ちてきているのと、木の陰で暗く、写真がブレてしまった。こういうときは、手振れ防止機能が欲しい。
 橋の向こうに歩いて行ってみると、その先にも道は続いていた。オートバイなら、なんとか行けそうで、タイヤの跡もあった。
 日が落ちてきていたのと、今までの荒れた道を戻ることを考えて、ここで戻ることにした。骨折した足も治っていないし、ブーツのあたりが悪いのか、ちょっと痛くなってきた。
 下りのガレた箇所は走りにくい。ゆっくりとクリアしていくのは、面白いとも言えなくも無いが、やっぱり嫌い。(道幅、谷、勾配によって気分的にかなり変わってくるが・・・)
 もう来ることはないかな?
 もう少し早い時間で、一本目なら印象は違ったかもしれない。

 小川谷林道は通行止めになることもあるようだ。今回閉鎖されていた孫惣谷林道も、走れることがあるのだろうか?
 また、これらの林道の手前にも川乗林道があるが、しっかりしたゲートで閉鎖されていた。
 閉鎖中の林道もあったが、景気もいいし、けっこう楽しめて距離もそこそこあるので、ここまでくる価値は十分あると思う。
 ここまで来ることを考えれば、埼玉県ではあるが、名栗湖周辺の林道もいいかもしれない。

« スライドショーにリンク機能を追加 | Main | 日原鍾乳洞(東京都) »

オートバイ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55339/4315841

Listed below are links to weblogs that reference 東京の林道(日原林道 小川谷林道 倉沢林道):

« スライドショーにリンク機能を追加 | Main | 日原鍾乳洞(東京都) »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Books

無料ブログはココログ